Melos
Dance
Experience
Full Screen View Scroll

ABOUT US

メロスダンスエクスペリエンスについて

Melos Dance Experience 公演はコンテンポラリーダンスやネオクラシック作品を中心とした現代ダンス鑑賞を体験し楽しんでいただけるような公演プロデュースを目指し、振付家とダンサーのクリエイティブなクリエイションの機会を創出しながら質の高い公演活動を目指していきたいと考えております。「信頼」を主題とした太宰治作品の「走れメロス」からMelos Dance Experience (メロスダンスエクスペリエンス)と名付け、ダンサーと振付家、観客との信頼を結び付ける公演活動を展開していきたいと思っております。

PROFILE

Melos Dance Office 主宰・プロデュース 土井 由希子

Melos Dance Experienceアートプロデューサー / ダンサー土井 由希子

3歳からバレエをはじめロシア バレエ インスティテュートなどで学び、ボリショイバレエ学校への短期留学を経てスイスのGENEVA DANCE CENTER でクラシックバレエ、コンテンポラリーダンスを学ぶ。18歳でチャイコフスキー記念 東京バレエ団へ入団し数多くの公演に出演。退団後、日本バレエ協会公演等に出演する一方、勅使川原三郎と共に活動し、オランダ国立バレエ、英サドラーズウェルズ劇場、エジンバラ国際フェスティバル、仏リール オペラ座等、世界を舞台に活躍。2004年ウェルネス アーツ スタジオ設立と共に運営に携わる。2015年より公演活動や制作に携わり2017年 土井由希子マネジメント&公演企画プロデュース「Melos Dance Office」を設立。
クラシックバレエとコンテンポラリーで培ってきた自身の経験を生かしたプロデュースプロジェクト「Melos Dance Experience」を始動しアートプロデューサー、ダンサーとして活動する。コンテンポラリーとネオクラシックをテーマにし振付家とダンサーのクリエイティブなクリエイションの機会を創出しながら質の高い公演活動を目指し2018年4月 第1回公演「Rejoice 」を皮切りに、2019年5月、8月、11月に第2回公演を開催。2020年6月開催予定だった第3回公演はコロナウイルス感染拡大の影響により公演中止となりましたが『新たな舞台活動を模索して、新しい可能性による創造へ』 をテーマに2020年12月、2021年4月、無観客による映像クリエイション& Experimentを行う。

CONTACT

メロスダンスオフィス

「土井由希子マネジメント&公演企画プロデュース」オフィス。

〒107-0061 東京都港区北青山2-7-28 NAビルB2
ウェルネス アーツ スタジオ内
東京メトロ 銀座線 「外苑前」駅 3番出口 徒歩2分

お問い合わせフォーム

自動返信メールが届かない場合は、メールアドレスのお間違いの可能性があります。
また迷惑フォルダに入っている可能性もございますので、そちらも一度ご確認ください。
それでも確認が出来ない場合は、大変お手数ですが再度フォームより送っていただくか、
またはinfo@melosdance.comまで直接メールをお送りください。

お名前 必須
フリガナ 必須
メールアドレス 必須
メールアドレス(確認) 必須
件名 必須
お問い合わせ内容 必須

TOP