Program


「-Les Mots de Silence-」沈黙の言葉は、原始的で時には雄弁に語りかけるダンスそのものである 

遠藤康行

振付:遠藤 康行

元フランス国立マルセイユ・バレエ団 ソリスト・振付家。執行バレエスタジオにてバレエを始める。スターダンサーズ・バレエ団に入団し、ライト版「コッペリ ア」、フォーサイス「ステップ・テクト」など数々の作品で主演する。 1994年文化庁在外研修員としてオーストラリア・バレエ団入団。1998年村松賞受賞。1999年ベルギーのコンテンポラリーダンス「シャルルロワ・ダンス」に入団、全レパートリーに出演。また、ジュニア・カンパニー「パソレイユ」に振付・指導する。2005年フランス国立マルセイユ・バレエ団にソリストとして入団 。自身の振付作品も 同バレエ団レパートリーとして 、フランスのマルセイユ 、パ リ 、エスク、その他オランダ、ドイツ、イタリア、スペインのフェスティバルで公演した。 日本では大震災後「オールニッポン・バレエガラ」の発起人として世界で活躍するダンサーを集めた チャリティー公演を東京、横浜、福島で行う。2013年「JAPON dance project」を結成、フランスのカンヌ、モナコ、東京にて公演。2015年より、横浜バレエフェスティバルの芸術監督に就任。現在、遠藤が主催するEndo Ballet / エンドウ・バレエをベースに日本、ヨーロッパで活動する。

出演者(50音順) ---

 

梶田留以
©Yasuhiro Okada

梶田 留以

  

 柏知里
 

柏 知里

スターダンサーズバレエ団

片桐りこ
 

片桐 りこ

Iwaki Ballet Company

片野翠
   

片野 翠

工藤加奈子
  

工藤 加奈子

Iwaki Ballet Company


窪田希菜
   

窪田 希菜

児玉アリス
  

児玉 アリス

高橋奈津子
  

高橋 奈津子

常田萌絵
  

常田 萌絵

津山舞花
  

津山 舞花


中村ひかる
  

中村 ひかる

クラシックバレエ コッペリア

中村みゆき
  

中村 みゆき

並木まりか
  

並木 まりか

堀内充バレエプロジェクト

山岸千紗
  

山岸 千紗

米持愛梨
  

米持 愛梨



◇スペシャルゲストによる作品◇

Black Tulip

中村恩恵
©大河内禎

振付・出演:中村 恩恵

 

<プログラムノート>

差し出された一輪の黒い花。

花言葉は「私を忘れてください」。

烙印のように心に刻みつけられた存在を無理やりに拭い去るには、生身を削ぐような痛みが伴うに違いない。

宙に揺れる花を前に、心が揺れる。そんな心を覆うように優美なステップを纏って時を稼ぐ。これらの技巧的ステップは何処へ私を誘うのだろう。

人工の極みの花、黒いチューリップ。この花を両手に抱いて、私は何処へ行くのだろう。

中村恩恵

 

 

第17回ローザンヌ国際バレエコンクールにてプロフェッショナル賞を受賞後、フランス・ユースバレエ、アヴィニオンオペラ座、モンテカルロバレエ団を経て、1991~99年イリ・キリアン率いるネザーランド・ダンス・シアターに所属し活躍。退団後はオランダを拠点に活動し、2000年自身振付ソロ作品「Dream Window」でGolden Theater Prizeを受賞。2001年彩の国さいたま芸術劇場にて、キリアン振付フルイブニングソロ「ブラックバード」上演、ニムラ舞踊賞受賞。05年「A play of a play」発表、ソロ作品「One6」をオランダにて上演。07年に日本へ活動の拠点を移す。その後もダンサーと振付家の活動を両立し、Noism07「Waltz」(舞踊批評家協会新人賞受賞)、Kバレエカンパニー「New pieces」にて「黒い花」、神奈川県民ホールにて「The Well-Tempered」「時の庭」を発表、エルヴェ・モロー(パリ・オペラ座バレエ団 エトワール)に「ツクヨミ」を振り付けるなど、多くの作品を創作。首藤康之との創作活動も積極的に行っており、神奈川芸術劇場「DEDICATED」シリーズ(首藤康之プロデュース)の「WHITE ROOM」(イリ・キリアン監修、中村恩恵振付・出演)、「出口なし」(白井晃演出)、「ハムレット」(中村恩恵振付・出演)に初演から参加。新国立劇場では、自身の演出・振付・出演で、「Shakespeare THE SONNETS」、「小さな家 UNE PETITE MASION」を上演。新国立劇場バレエ団「DANCE to the Future 2013」公演では、『The Well-Tempered』、 新作『Who is “Us”?』ほかを上演。「DANCE to the Future 2016 Autumn」ではアドヴァイザーとしてChoreographic Groupの指導を担当し、17年新国立劇場バレエ団に振り付けた『ベートーヴェン・ソナタ』でも高い評価を受けた。また、キリアン作品のコーチも務め、パリオペラ座をはじめ世界各地のバレエ団や学校の指導にあたる。11年第61回芸術選奨文部科学大臣賞、13年第62回横浜文化賞、15年第31回服部智恵子賞を受賞。

http://www.sayatei.com


◇スペシャルゲストによる作品◇

「流れる風」

西島数博
©酒生哲雄

振付・出演:西島 数博

音楽 ヴィヴァルディ四季より「夏」

  

<作品コンセプト>

情熱の中に流れる風は、

いつしか時が経つのを忘れる。

感情の中に流れる鼓動は、

いつしか時の経つのを忘れて激しく揺らめく。
そして、

流れる風の先にみえるものへ

鼓動と共に向かい続ける。

 

3歳でバレエを始める。1991年フランスの国際コンクール第1位受賞後、ヨーロッパで活動。サンフランシスコバレエ国際フェスティバル出演。94年~05年スターダンサーズバレエ団ピーターライト、ロビンス、フォーサイス等の作品を踊る。新国立劇場バレエ団や日本バレエ協会ゲスト主演。ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」出演から芸能界でも活動。主演映画「るにん」が米の映画祭でグランプリ受賞。ミュージカルや音楽劇など多数の舞台に出演。映画「不惑のアダージョ」ソロダンスが海外の映画祭で高評を得る。2014年JAPAN DANCE INNOVATION[JDI]を立ち上げ「プレミアムダンスガラ」や新国立劇場オペラパレスにてスーパー神話音楽劇「ドラマティック古事記」にて演出振付出演。常に躍進するマルチなダンスアーティスト。


 「R e j o i c e 」改 訂 版   “透明感あふれる天上的ダンス”  優美な叙情性と疾走感あふれる躍動的な舞踊表現を目指した作品

笹原進一

振付:笹原 進一

高校在学時に東京ユニバーサルバレエ公演「シェへラザード」で初舞台を踏み、その後、東京小牧バレエ団に10年間在籍し、「バラの精」「ペトルゥシュカ」など在籍期間のバレエ団公演すべてに出演し、バレエダンサーとして活躍後、1998 年に指導者に転身。バレエをベースとした独自のメソッドは、フィットネス業界においてバレエエクササイズの第一人者として評価を受ける。日本コロムビア社からリリースされた「エレガンスストレッチ」は、Amazon のフィットネスDVD ランキングの1位にランキングされる。2004年 青山外苑前 に Wellness Arts Studio を設立。優雅にしなやかに心地よく身体を動かす喜び、踊る楽しさを伝え続けている。2008 年より創作活動をはじめ、主な振付作品として「On the Ground」「Rejoice」「Nostalgia」などがある。

ゲストダンサー

八幡顕光

八幡 顕光

ロサンゼルスバレエ

東京都出身。

10歳より石井清子バレエ研究所にて、石井清子、安達悦子、に師事。

2003年 新国立劇場バレエ研修所に入所。牧阿佐美、豊川美恵子に師事。

2005年 新国立劇場バレエ団入団。直後の『カルミナ・ブラーナ』で、振付家でバーミンガム・ロイヤルバレエの芸術監督(元新国立劇場バレエ団芸術監督)に抜擢され、神学生のソロを踊りデビュー。

2006年 ソリストに昇格。

2008年 ビントレー『アラジン』の世界初演で主役に選ばれ、アラジンを振り付けられる。

また、ボリショイ劇場でのブノワ賞授賞式にて、ビントレーがノミネートされた際、作品紹介で『カルミナ・ブラーナ』のソロを踊る。

2011年 ファースト・ソリスト

2012年 プリンシパルに昇格。

2017年より Los Angeles Ballet Guest Principal

Los Angeles Ballet 、Universal Ballet などにゲスト出演。

平成14年度文化庁新進芸術家舞踊国内研修員

第33回ニムラ舞踊賞受賞

檜山和久

檜山 和久

谷桃子バレエ団

モダンダンスを和田朝子・伊通子に、クラシックバレエを田中洋子に師事。

慶應義塾大学文学部 美学美術史学科卒業

2009年第66回全国舞踊コンクール創作部門第1位山口華子振付「さらされた部屋」に出演。2011年日本バレエ協会「Balletクレアシオン」にて日原永美子振付「La Vie de 

Paquita~最愛なるリュシアンへ~」に主演。

谷桃子バレエ団入団。翌年同バレエ団ソリストとなり主要な役を踊る。また、同バレエ団新人公演「白鳥の湖」にてジークフリート王子、「ジゼル」にてアルブレヒトを踊る。

新春公演「海賊」にてコンラッドを踊る。

「眠れる森の美女」にてデジレ王子を踊る。

NHKバレエの饗宴にて日原永美子振付「オセロー」にてキャシオーを踊る。

Mariinsky Theatre Primorsky Stage にて、「眠れる森の美女」にてデジレ王子を踊る。

2018年プリンシパルに昇格。

第28回武蔵野シティバレエ 佐藤宏振付「ロミオとジュリエット」にて、ロミオを踊る。

沖田貴士

沖田  貴士

東京シティバレエ団

3歳から、Yuriko Classic Ballet Schoolで母のもとでバレエを始める。1994年より松山バレエ学校で学ぶ。2005年に金田こうのバレエアカデミーにて金田和洋、こうの恭子に師事し、YAGPに出場。スカラシップ賞を受賞しキーロフ・バレエ・アカデミーに留学。卒業後、サンフランシスコ・バレエ・スクールに入学し、08年ルーマニアSibiu Ballet Theaterにソリストとして入団。在籍中にSibiu International Ballet Competitionに出場しシニア男性部門で金賞を獲得。10年、ブカレスト国立劇場にソリストとして移籍。12年にはアメリカに活動の拠点を戻しTulsa Ballet Theaterに入団。14年に退団し帰国、沖田貴士バレエスクールを開講。15年、東京シティ・バレエ団入団。


出演者

土井由希子

土井 由希子

安藤明代

安藤 明代

バレエスタジオ パルティール

 

中野亜矢子

中野 亜矢子


(50音順)---

飯塚瑞月
 

飯塚 瑞月

樋口素子バレエスタジオ

大溝ちあき
 

大溝 ちあき

窪田希菜
 

窪田 希菜

小林翔子
 

小林 翔子

田中香奈
©Isabelle Aubert

田中 香奈


中村みゆき
 

中村 みゆき

新田春保
 

新田 春保

ASHIKAWAバレエスタジオ

山岸千紗
 

山岸 千紗

吉岡玲子
 

吉岡 玲子



STAFF

舞台監督:葛西伸一

照明:山本英明

音響:河田康雄

ダンスミストレス:土井由希子、吉田梓

協力:Wellness Arts Studio、NPO alfalfa

 

主催:Melos Dance Office